あなたにピッタリな一冊が見つかるWEBメディア【書評王】

休まず「自己批判」する自分に、まず「気づく」、次に「受け入れる」! 『ラディカル・アクセプタンス タラ・ブラック/著』本解説その①。 「ダメな自分」というのは、ただの「思考グセ」だ。

2020-08-22
667View
タラ・ブラック著『ラディカル・アクセプタンスーーネガティブな感情から抜け出す「受け入れる技術」で人生が変わる』の評判
読み応えがあり、マインドフルネスに興味かある人にお薦めの一冊です。心が自然と軽くなりました。
人は判断し続けて、生きてるし、社会もいつだってそういう傾向にあると思う。
でもその中でも人の優しさを失わないで、温かい思いで生きていきていくための教えを書いてくれてる本だと思う。
多分キリスト教でも、仏教でも生き方の指針を示してくれてると思うけど、この本もそんな感じで自分の生き方の指針を教えてくれる。

サブタイトルに「人生を変える」って書いてあるけど、人生を変えたいって飛びつく前に

自分は人生を変えたいし、幸せになりたいっていうような思いを持っても良いんだよって優しく受け止めてあげることが大切なのかな、と思った。
森田療法や仏教などを学んできました。この本を読んで、悩みごとは排除の対象ではなく、自身で思いやりで包んで手をつないで生きていくことがメンタルヘルスとしても大切だと学べました。