あなたにピッタリな一冊が見つかるWEBメディア【書評王】

【裏ワザ!】皆やってないから、今のうちにこれやっておくとチャンス! 9分で学ぶ『スマホメモ』

2020-11-28
219View
須藤 亮著『スマホメモ 仕事と人生の質を上げるすごいメモ術』の評判
レビューが好評価なので、Kindle で購入した。
しかし、内容があまりにも平凡なので、がっかりした。

スマホにメモした経験がある人なら、だれでも思い付く
ような内容の本です。
内容を一言で言えば、"スマホメモは便利だ"
ただそれだけです。
スマホに思考メモをとる。という事を推奨する本。

見たもの、感じた事、考えたことをスマホにデータベースとして蓄積し、俯瞰して再思考する方法などが書かれている。

全体的に著者の主観、経験談に沿って書かれており、エビデンス等はほぼない。

将来的にAIに接続されて〜、などの未来予測的な事も書かれているが、この辺りは意見が分かれるところだろう。

殆どの人が肌身離さず持ち歩いているスマホ。いつでもメモを取ることができ、いつでも見返すことが出来る。

世の中には紙のノートのメモ術本は多いが、スマホのメモ術本は珍しい。

いつも持ち歩いているものの新しい使い方に気付かせてくれた。私はMicrosoftのOneNoteでメモを取りはじめた。
他のメモ術本を読んでいる人も、一度読んでみても損はないだろう。
会社経営者です。私はもともと、資格試験での勉強やルーティンの業務等でメモは見返すことがあっても、セミナーなどであらたな知識を得る場でのメモは見返すことなく、忘れ去られることが多かった。

その後、メモの取り方を事実や情報を書き留める方法から、「得た知識を使って具体的にどんなアクションをするか」を書き出す方法に変えてから、書いたメモが仕事に生きてきました。

本書では、そのような段階から、さらにそれを俯瞰しつつ整理して、「アクションの集合から何が実現可能なのか」を考える段階まで、レベルアップさせることで、よりビジネスの視点が広がることがわかりやすく書かれていると思います。

また、著者の経験からの未来像や考えには納得させられることが多かったです。他の方のレビューで、個人的見解が多いことに否定的なことを書かれている方もいるようですが、その方はしっかり世の中の変化を捉える努力をしてないと思います。