あなたにピッタリな一冊が見つかるWEBメディア【書評王】

【オンラインサロン活用法①】会社・地域・家族とは別のコミュニティで人生が変わる(Benefits of Joining Online Communities)

2020-12-01
308View
中里 桃子著『副業・人脈・好きなこと 人生が変わる「オンラインサロン」超活用術』の評判
■購入目的
・近い将来、オンラインサロンを運営したいと思っているため

■気に入った部分
・サロンを運営したときに、参加者にどうやってサロンを使えばいいのかを説明するにはとてもよい

■気に入らなかった部分
・サロン運営についての記述が少ない(タイトルから予想はしていたけど)

■得られた成果
・私も1つオンラインサロンに入っていますが、あまり発言していませんでした。
理由は、「こんなこと聞いていいのか」「レベル低いと思われたくない」などがあったから。
しかし、それはそれで自分の役割かなと思えるように、本書を読んで思いました。
オンラインサロンでの活動を最大限生かすべく、サロン運営の第一人者の教える活用術について勉強してみました。

■オンラインサロンユーザーとして使いこなせる
〇サロンに参加しても「お客さん」になってしまうと得るものが半減
〇自分の意思を表明する場として使う
〇サロンは他人を助けること、を習慣化できるツール
〇オンラインサロンに入った方が良い人
 -金銭的/時間的に大きな投資ができない
 -仕事が多忙で他人が動ける時間に動けない
 -地方に住んでいて勉強に行く選択肢がない
〇スキルを学ぶサロンや発信力を上げるスキルを学ぶサロンを選ぶ
〇サロンのやり取りはお金より信頼や承認
〇入会してその中心人物や全員から好かれる存在になる必要はない→この人と知り合えて良かったと思える1人を見つけたら大成功と考える
〇人と繋がり安くする自己開示のコツは目的、強み、弱点を極力伝える

■影響力を発揮する
〇人の発信をちゃんと受け取ることができて、はじめて人に届く発信ができる
〇相手を喜ばせる方法は、教えてもらった方法で結果を出すこと→教えた人と協力関係になる
〇サロンに入る人はお金ではなく、仲間に受け入れられたい人が多い

■信頼をお金に変える
〇お金を稼ぐことに必要な3つの要素
 -人として信頼されている
 -相手に専門性やスキルが伝わっている
 -相手にお金を払うつもりがある
〇サロンと相性の良い副業として代行業、ライター、先生/講師、コーチング、相談など
〇プラットフォームを活用する
 -クラウドワークス、タイムチケット、ココナラなど

オンラインサロンの使いこなし方から最終的にはお金に変える方法まで細かく書かれています。自分は情報発信の勉強を、と思っていますが今後このようなオンラインサロンが増えてくることを考えると一読の価値のある書ではないかと思います。まずはサロンユーザーとして使いこなし、自分を出していきたいです。
最近よく耳にするオンラインサロン。
著名人が開いているものもあれば、普通の人がコミュニティづくりのために開いているものもある。
そういったサロンで、どう振る舞えばよいのか、サロンをどう活用していけばよいのかが良くわかる一冊。

顔を合わせない交流だからこその気楽さや難しさを、実例を引きながら説明している。
特に秀逸だなと感じたのは、自己開示の仕方を丁寧に説明していること。
ただ自分をさらけ出せばいいというわけではなく、このような文脈に沿って開示すると良いというテンプレートがあるので、オンラインのコミュニティに慣れていない人にはとても親切な作りになっていると感じる。

著者の言う「役割の試着」という言葉は、非常に分かりやすいと感じた。
普段とは別のコミュニティで、素の自分がやってみたい役割を買って出て人に喜ばれることこそ、自分の殻を破るコツだと思う。
オンラインサロンこそ「役割の試着」がしやすい場だという説明は、とても分かりやすく、腑に落ちた。