あなたにピッタリな一冊が見つかるWEBメディア【書評王】

220.【11分で解説】人生を思い通りに操る 片づけの心理法則 メンタリストDaiGo

2020-12-11
223View
メンタリストDaiGo著『人生を思い通りに操る 片づけの心理法則』の評判
だいぶ前に一世風靡した例の本wでは全然ダメだった私がこの本を一読しただけでゴミ袋5袋の洋服を捨てられました。どうやったら捨てられるか、言っていることはほぼ同じことなのですがこちらは物凄く直接的な言い方(ネタバレになるのでここでは書きませんが)をしていて「心がときめくかどうか?」って結局どういうこと?抽象的すぎてよく分からん。。となっていたわたしにとってはより腑に落ちる表現を取っておりスルッと納得できた気がします。

あの本を批判するつもりは毛頭ありませんし、きっと抽象的な表現で理解しやすい人もたくさんいらっしゃると思います。(だからこそあれだけヒットしたのでしょうし)でも一方で私のように良く分からなかった、やっぱりわたしには片付けは無理だ、、と思っている人もいらっしゃると思います。そんな方、騙されたと思って是非読んでみてください。きっと考え方が変わりと思いますよ!!!
本書は単なる片付け法本ではなく、

「片付けによって心を整え、より豊かな人生を送る」ための本です。
最も新鮮だったのが表題にある通り「2度と片付ける必要がなくなる方法」です。

それは以下7つの習慣を身につけることで成り立ちます。
(特に役立った習慣には「」を付けています)

1:「1イン2アウト」
  1つ物が部屋に加わる毎に代わりに2つ物を捨てる。これにより
  「購入するかどうか=2つ物を手放してでも欲しいかどうか」が選択基準になる。
  購入したとしても物が2つ減るので、散らかる確率がどんどん減る。

2:1日1与
  毎日何か1つ人にあげる。次に使ってくれる人がいると考えることができれば
  物を手放す抵抗が減る。譲った物が相手の役に立てば感謝されるので一石二鳥。

3:「5秒以内に元に戻せるルール」
  物の置き場所を完全に決める。これにより「物を探す時間」が大幅に減り、
  「元の場所に戻す時間」も短縮されるので生産性が高まる。こうした空間を
  作り上げるにはある程度の収納余裕が必要。

4:6割収納ルール(3:を成立させるための項目)
  収納に余裕を持たせれば(収納を装飾と捉えることができれば)、管理や
  掃除が楽になる。真の問題は部屋が狭いことではなく、物が多いこと。

5:数量限定
  同じ機能を持つものを3つ以上持たない様にする(その人の生活に応じてですが)。
  例えば便座カバー。2つあれば洗濯して継続利用が可能なので、3つはいらない。
  他にも当てはまるものは多数あり(その人の生活に応じて変わってきますが)。

6:「写真暗示」
  人は鏡の前に立てば身だしなみを直すが、部屋の片付けでそれを行うには
  「片付いた状態の部屋の写真」を用意し、写真を見れば自然と片付ける意欲が起こる。
  (散らかし放題グセのある子供でもそれが有効だった)

7:「自然に片付く小技の活用」
  部屋の中で1箇所だけ「いつでも完璧に片付いている聖域」を作っておく。
  そうすると自然と物が片付く現象が起こる。また、
  Xが起きたらYをやる=「歯を磨いたら(X)→鏡を拭く(Y)」の様に
  自動的に片付ける流れを作っておく。

その他もたくさん役立つ事例が本書にはありました。何の為に片付けるのか、
真の目的は「片付けて心が開放的になること」で、人生が最大化されることです。
片付けの先にあるもの、それを本書で掴めると思います。

これまで類書を読んできた方も、片付けに関心のある方も、ご一読をお奨めします。
ふと数年前の部屋の写真を見て「よくこんな状態で生活してたな」と思い、このレビューを書くことにしました。
この本を読んで数ヶ月で、持ち物は4分の一に減り、部屋以上に頭がスッキリ。
これまでは片付け本を読んでも行動が続かなかったのですが。
この本のいくつかの言葉が呪文のように効いて、短期間でガガッと現実的な行動に移すことができました。
著者のことはタレントで手品師かと勘違いしてましたが、ある意味マジシャンなのかもしれません。
モノを買ったり捨てたり、そこにまとわりつく感情の重さが心理学的に説明されることでクールになれる。
片付けることの意味が納得できるから、義務でやってる感がない。
自分自身に対する捉え方がシンプルになりました。
ロジカル過ぎて語気が強く、鼻につく人もいるでしょうね。私には合っていたようです。著者には感謝してます。